再度申し上げます。オリンピック・パラリンピックは、中止するべきではありません。

音楽の都 ザルツブルグ オーストリア 1978年 再度もうしあげます。オリンピック・パラリンピックは中止すべきではありません。 まず、スポーツ選手に優先的にワクチン接種をして頂く件ですが、医療従事者が優先的に接種していただいたのと同じ理由で、スポー…

与野党国会議員の皆様に質問です。

ザ ル ツ ブ ル グ 1978年 先日、国会議員の補欠選挙が行われ、与党が惨敗いたしましたが、野党の皆様、誤解しないでください。国民の中で、「与党に代わって、野党に政権を取らせよう」と考えて投票した国民はほとんど居ません。コロナ問題等で、責任逃れの…

「私は緊急事態宣言を発出しません。」私の顔をした大阪府知事が記者会見する夢・幻を見ました。

紫 宸 殿 京 都 御 所 私は再度、夢・幻を見てしまいました。今度は、私の顔をした大阪府知事が、府民に対して、記者会見を行っています。 大阪府民の皆様、コロナウィルス変異株の威力は、大きいようです。毎日1000人を超える感染者を出しています。予想を…

イラン対イスラエル 最も危険な戦い

イスラエル側から見た死海 マサダの遺跡より 1979年 1978年まで、イランは中東におけるイスラエルの唯一の友でした。パフレビー王朝時代、イランは、イスラエルが危機に陥った時も、石油をイスラエルに送り続けたものでした。 ところが、1978年、パレスチナ…

聖火リレー・オリンピック・パラリンピック開催を中止すべきではありません。

春 満 開 京 都 植 物 園 第2次世界大戦以後、イギリスのグットマン氏の功績により、「スポーツが人間に齎す効力・効能」は、神の奇跡でしかありませんでした。 まず、その恩恵を受けたのは、身体障がい者の方々でした。グットマン氏が、スポーツを障がい者…

私が見た幻、首相対中国戦略。

紅 海 イ ス ラ エ ル 1980年 私は、幻を見ました。私の顔をした日本総理大臣が、首相官邸で記者会見しています。 さて、先日、アメリカ合衆国との2+2会談を通して、中国への態度を鮮明にした我が国ですが、中国は、将来、アメリカ合衆国をも凌ぐ勢いで拡張…

幻をみました。内閣総理大臣の英断

春 満 開 本 満 寺 京 都 1都3県の「緊急事態宣言の解除」の前夜、夢・幻を見ました。 場面は、内閣総理大臣が緊急記者会見を行っているのですが、内閣総理大臣の顔が菅氏ではなく、私なのです。 驚く間もなく、総理大臣は、国民に語りかけます。 「国民のみ…

コロナ禍中、リーダーの皆様にお願い申し上げます。

春 の 訪 れ 京 都 御 所 野党の国会議員の皆様にお願いです。 「野党の役割は、反対する事で、代案を出すことではない。」という意見がありますが、これは、大きな誤りです。政府のやることに、批判だけをしているのであれば、国民の信頼を得ることは、絶対…

完全な防災よりも、出来る限りの減災を ?

加 茂 川 の 水 鳥 京 都 私は、夢・幻を見ました。私は学生に戻っていて、大学で有名な教授の講義を受けているのです。講義は、「地球環境学」というタイトルです。300人程度の受講生の講義ですが、講義の内容があまりにも、ショッキングなので、誰一人雑談…

日本のエネルギー政策は正しいのでしょうか?

京 都 御 所 紫 宸 殿 日本政府は、エネルギー政策について、「脱炭素エネルギーを目指して、2050年までに、温室効果ガス、0%を目指す。」と公言しています。この政策には、疑問符を付けねばなりません。 確かに、地球温暖化に対して、2050年まで、「地球温…

イスラエルと日本の大きな違い

濁 流 か ら 蘇 る 賀 茂 川 京 都 私は夢で2つの幻を見ました。 一つ目の幻。1984年の出来事。イスラエルの兵士たちが、任務を受けて、国境の警備に向かうため、準備をしています。突然、大きな地震が起きて、近くの家屋が倒れ、多くの一般市民が生き埋めに…

グローバルスタンダードは必要ですか?

加 茂 川 か ら 見 た 比 叡 山 京 都 まず、この問題を論じる時に、前もって必要なことは、「グローバル主義」と「国際主義」との違いを、私かどのように考え、定義しているかを、お話する必要があります。 まずは、「グローバル主義」から。現在、私たちの…

校長も、政府も、リーダーとしての質は同じです。

高野川 と 加茂川 から 鴨 川 へ 京 都 私が現役教師時代に、生徒から、「先生は、えこひいきしますか。」と、よく質問されたものです。 いつも、私は、次のように答えていました。 「私も人間ですから、好き・嫌いはあります。好きな生徒が、私に何か頼んだ…

コロナ禍の中、「今度は、ローマ法王になった夢・幻」を見ました。

ベ ル サ イ ユ 宮 殿 1978年 正月二日に見た夢では、私は、ローマ法王になっていました。その幻を文字にしてみました。 ローマ法王の私は、市民を前に、コロナ禍の中、励ましのメッセージを語っています。 本年も、神様の励ましが、貴方方の上にありますよ…

コロナ禍の中、「私は政府高官になった夢・幻」を見ました。

鴨 川 になる手前の 賀 茂 川 京 都 市 2021年の初夢です。夢・幻の中、私は、政府のコロナ対策本部長を任命された政治家として、NHK全国ニュースを利用して、国民に、「政府のコロナ禍での方針と国民への励ましの言葉」を述べようとしています。 「国民の皆…

日本の政治家に望むこと。

甦 る 松 林 糺 の 森 京 都 市 阿部元首相の「桜を見る会」での、「前夜祭費用の問題」を野党の議員たちは、ここぞとばかりに、現内閣の責任をも追及する事がありました。 大阪府知事はこの事に対して、コメントをマスコミから求められた時に、「今は、桜よ…

日本人にとってのクリスマスの意味 

ロンドンのホテル クリスマスの飾り 2018年 私達日本人も、キリスト教文化の影響を大きく受けています。 例えば、太陽暦です。太陽歴は、「BCとAD」に分けられますが、「BCは、Before Christの略」、「ADは、Anno Dominiの略」で、紀元前、紀元後は、主イエ…

日本に於ける教師像について

晩 秋 の 賀 茂 川 欧米の教師と比較して、日本の教師の社会的地位は、高いところに位置しています。これは、欧米の教師の役割は、「頭の教育・教科(Instruction)」だけで、「心の教育(Education )」については、西欧では、伝統的に、教会がその責務を負って…

中村哲氏暗殺、追悼1周年に思うこと。

アンネのバラ 京都 嵯峨野教会 2019年12月4日、正午前後だったと思います。 当時、英語教師で会った私は、例年、3学期の初めに、英語の教材として、「中村哲氏の伝記」を生徒たちに学ばせていましたので、教材研究の一貫として、事件直前に、「クリスマスの…

英語を教える若い教師の皆さんへ No.1

旧エルサレム イスラエル 1972年 「経験というものは、欲しいと思ったものが得られなかった時に、はじめて得られるものです。」 この言葉は、47歳という若さで亡くなったランディ・バウシュ教授の「最後の授業」での言葉です。この意味は、「経験」即ち「技…

英語を教える若い教師の皆さんへ N0.2

セピア色の旧エルサレム 1973年 2011年3月11日、東日本大震災により、日本全国が悲しみに包まれる中、一番悲しんで然るべき東北の人々は、逆に、全国の日本人に勇気を与え、「日本人は恐るべし」と思わせるほどの驚きと感動を世界の人々に与えることとなりま…

英語を教える若い教師の皆さんへ NO.3

エルサレム 郊 外 1978年 日本が国際競争に打ち勝つために、企業戦士たちは、さらに、語学力のある人材を求めています。 その要望に応えて、文科省は、中等教育にメスを入れ、改革しようとしていますが、これは、大きな誤りです。 「明治時代から現在までに…

コロナ禍の日本に於ける、リーダーの理想像 大阪府知事に学ぶ

紅葉の季節を迎える 賀茂川 現在、コロナ禍の火中にある日本は、医学的見地からの意見と経済を動かそうとする見地との相反する2つの意見の中で、難しい舵取りを、リーダーたちは、選択しなければなりません。 まず、政府・官僚たちの中で、好ましくないリー…

日本人に似ていたアイルトン・セナに学ぶ

京 都 御 所 あるアンケートで、「幸せになるということは、お金を手に入れ、物質的に恵まれることである。」という問いに「はい」と答えた人が70パーセントを超える国が3つ存在したそうです。「中国・ロシア、そして我が日本国」です。 果たして、物質的に…

アウシュヴィッツの聖者 コルベ神父

アンネのバラ 「人物紹介」 コルベ神父は日本の長崎にも滞在したこともある人です。ポーランド生まれのカトリックの司祭で、第2次世界大戦中、母国ポーランドのあるヨーロッパで、その当時、勢力を伸ばしつつあったドイツ・ナチスの「非人道的行為」に反抗し…

国際人としてのマザーテレサに学ぶこと

アンネのバラ 嵯峨野教会 京都 人物紹介 20世紀に現れた「偉大な魂」の一人である。 マザーテレサは、宗教の争い、民族の争いの絶えないコソボで生まれる。幼い頃から、民族・文化の違いが生み出す、「宗教戦争・民族紛争」の悲惨さを見聞していた。 アイル…

国際人としての中村哲氏に学ぶこと

神との約束 「虹」 珍しい二重の虹 京都植物園あたりの加茂川 中村哲氏は、1984年より、アフガニスタンとパキスタンの人々に、ペシャワールに於いて医療活動に従事して来た人物です。 彼の医療活動に於いて 一番彼を悩ませたのは、イスラム教徒との習慣・文…

「新島襄という人物」 早稲田・慶応ファンは読まないでください。

相国寺総門から見た同志社大学今出川キャンパス 「 新島襄」とはどんな人物? 新島襄は明治の初めころに於いては「日本で英語に一番精通した人物」でした。幕末から明治時代の当初、他にも英語の話せる人はたくさんいましたが、その人たちは「漂流」などでア…

死の恐怖に捕りつかれたことはありませんか。死の恐怖に打ち勝つ方法

京都 鴨川になる直前の加茂川 皆さんは「死の恐怖に捕りつかれたこと」はありませんか。私は経験があり、鮮烈に脳裏に残っております。 私は幼い頃、祖母を「胃がん」で亡くしました。死期が近づいた時の祖母の顔は、私の知っている祖母ではなく、骨と皮だけ…

心の拠り所、 アイデンティティとは?

濁流から蘇る加茂川 京 都 学生時代、教育学部に居た時、私の師匠にあたる教授は、「帰国子女研究」の専門家でしたので、アイデンティティ(Identity)という言葉は何度も耳にしていました。しかし、本当にその意味を初めて深く知ったのは、3回生の時、卒論の…