いじめの無い学校は良い学校 ?

:

f:id:shalom417:20200712171409j:plain

          濁流から立ち直る加茂川 京 都 

 

 私が、生活指導主任であった頃、よく保護者の方々から、次のような質問をよくされたものでした。「お宅の学校には、いじめは無いでしょうね。」この質問の裏側の意味は、いじめがない学校が良い学校である。」という意味があります。本当にそうでしょうか。私はこれがきな誤解だと思っています。

 全ての人間は、キリスト教で言うところの「原罪」仏教で言うところの「業」を持っています。人間の集まる所には、必ず争いが起き、「嫌がらせ行為」や「いじめ」少なからずどこにでも存在するものです。学校も人の集まる所です。

 「いじめ」が無いと答える学校には、2つのタイプがあります。一つは、「生徒に無関心なため、あるいは、責任逃れのために、いじめは無い」と主張する学校です。このような学校は、生徒を自殺まで追い込んでしまう可能性のある恐ろしい学校です。

 もう一つタイプの学校は、「規則で生徒を雁字搦めに縛り、学校を無菌状態の温室にしてしまっている学校です。」こんなタイプの学校を卒業しても、マニュアル通りにしか動けない人間になり、社会に出た時に、人間関係を上手くやっていけない人に成ってしまうだけです。

 社会にでれば、必ず、仕事をする「集団」に所属しなければなりません。集団には、必ず自分が苦手な先輩が居たり、主義主張が合わない同僚が居たり、自分に攻撃的な人が居たりするものです。

 学校時代では、「あの人嫌い。だから話さない。」とか「あの人が居るからクラブやめる」とか可能ですが、社会に出てこのような考え方は通用しないばかりか、生きて行けません

 本当の良い学校は、

 生徒に人間関係を学ばせ、「いじめる生徒」と「いじめられる生徒」双方をサポート・フィードバックし、人間として「正しいこと」を教えてくれる学校が「真の学校」です

 子供は、「いじめる側」に居ても、「いじめられる側」に居てもかまわないのです。そこから、子供たちは「失敗を繰り返して、人との付き合う技術を学ぶ」のです。技術を習得するには、失敗がつきものです。それどころか、失敗しなければ、技術の習得はあり得ません

いじめについて少し説明しましょう。

 例えば、今、クラスの中に、太郎君、二郎君、三郎君、四郎君仲良し4人グループが存在したとします。

 その中で、太郎君は、ユニークですが、少しわがままな所がありました。後の3人が、それぞれ、「あなたのわがまま直した方がいいよ。直るまで俺たちのグループには来るなよな。」太郎君は3人から村八分にされました。

 太郎君精神的打撃を受けて、次の日から学校に行けなくなりました。いわゆる「登校拒否」です。

 これは、いじめの事例になります。他の3人にどれだけ正しい言い分があっても太郎君が「いじめ」だと感じれば、それは「いじめ」なのです。

 さて、太郎君の保護者には、これが「いじめ」だと理解するのは、さほど、難しくはありません。

 問題は、他の3人の保護者です。現代の保護者の多くは、「息子たちは、太郎君の悪いところを糺そうとしただけです。」と100パーセント自分の息子の正当性支持し、3人を指導した場合学校へ怒鳴り込んで来られることが多々あります。

 現代の親たちは、自分の子どの言うことを100パーセント信じて、学校と対決姿勢を直ぐに取られます。

 は、教師親からまず信頼されていて教育に専念することができました。

「先生」という称号が与えられるほど、日本に於いて、教師は社会的地位が高い、尊敬される職業でした。

 しかし、現在は、親からも、社会からも信頼を失っているようです。

 この事は、社会、保護者、教師の三者のいずれにとっても残念なことです。

 しかし、一番残念なことは、「子供たちの成長」が阻まれることです。

 先ほどの4人の生徒たちをに説明します。

 子供というのは、自分の身を守るために、うそをつくとは言わないまでも、事実を自分に都合の良いように誇張します。

 そして、保護者当然100パーセント自分の子供の言い分をそれぞれ信じ保護者も相手の保護者といがみ合います。

子供も親も関係が悪い方向こじれるだけで、子供の成長はとても見込めません


解決策

 子供というのは、「自分の身を守るために事実を誇張するものだ」ということを親は理解していなければなりません

 「子供の説明に100パーセント正しいということはない」ということを頭に入れておく必要があるのです。

 勿論自分の子供の言うことを理解しようとする姿勢は絶対に必要です

 しかし子供の言うことは、全部正しいとは、限らないので、

まずは教師を信頼して、担任・生活指導主任に相談・事実把握をしてから行動するべきです。

 先ほども述べましたように、子供のすることに、すべてが正しいということはあり得ません。4人の間に「いじめ」と判定される事件が起きた背景には、それぞれの生徒に良い所、悪い所があるはずです

 良い所は保護者が褒めたり、慰めてあげればよいのですが、悪い所・失敗したところは、師と連携て、それぞれの親がそれぞれの子供に指摘し、子供に理解させねばなりません

 これができなければ、子供たちが失敗を将来の人生に役立てることはできません。

 担任は、和解の儀式を4人のためにしてあげた後、村八分にされた太郎君には、他のグループの友達を見つけてあげるか、信頼できる他の生徒を友人として見つけてあげればよいのです。

 和解の儀式の時点で、4人の子供たちの中に、不服があるものが居たとしてもが生徒たちを癒してくれます

子供というものは、直ぐに体も心も成長し、大人の裁定を理解します。

 私の経験では、「雨降って地固まる」の諺通り4人の子供たちは、成長してから、親友に戻る可能性が高いのです。


教師の皆さんへ、

 人間関係が拗れて事件が何か起きた場合双方に至らない点があるから事件は発生します。その点をそれぞれの生徒・保護者に説明してあげるのが任の役目です。

 事件が発覚すれば、まず、迅速に情報収集です。

 正確に把握するためには、関係者だけでなく、周りの生徒たちから、情報を得なければなりません。

 その時に必要なのは、「日常の人間関係の構築」と「信頼」です。「信頼」は情報を明かしてくれた生徒の人権を守るために、「秘密厳守」が必要になります。明かしてくれた生徒が誰なのか、関係者全員に分からないように、ダミーの情報確保しなければなりません。

 「仲直りの儀式」重要です。たとえ、その時点で裁定に不服な者がいたとしても、「時」とそれに伴う「子供の成長」がいつか将来、大人の裁定の正しさ子供に理解させるでしょう。

 最後に私が4月の新クラスで全員のクラスの生徒に公言して、注意していたことを紹介いたします。

人間には、相性もありますし、好き嫌いもあります。これはどうしようもないものです。ですから、クラスにこれだけの生徒が居れば、中には、苦手な人が居ますし、相性の合わない人も必ず存在します

 しかし、あなた方は1年間、クラスメイトとして、みんなで力を合わせて仕事をしていかなければなりません。

 ここで、担任からひとつだけお願いです。自分の苦手な人と親友になれとは言いません

 けれども、一緒に仕事ができる人間関係を保つために、自分が嫌っているということを、相手に悟らせない「社交的な関係」保てるように生活をしてください

 それが大人の付き合い方です。

 相手が嫌いだと言ってしやべらない、嫌がらせをするのは、子供・ガキのすることです。

 この事さえ、1年間守ってくれれば、貴方が一生懸命にやったことで、どんな失敗をしても、担任はあなたをサポートします。」

 若い先生方に参考になれば幸いです。