死の恐怖に捕りつかれたことはありませんか。死の恐怖に打ち勝つ方法

 f:id:shalom417:20200618101639j:plain

           京都   鴨川になる直前の加茂川

 

 皆さん「死の恐怖に捕りつかれたこと」はありませんか。経験があり、鮮烈に脳裏に残っております

 私は幼い頃祖母胃がん」で亡くしました死期が近づいた時の祖母の顔は、私の知っている祖母ではなく、骨と皮だけに変わり果てた祖母でした幼い私祖母の顔恐ろしくなり、近づくことさえできませんでした

 祖母が亡くなり、お葬式の日、私は愚かにも火葬場まで付いて行きました

 当時の火葬場は、近代的ではなくを焼く時の釜の轟音60年経った今でも、私の脳裏から離れません。

私はその日から、「死の恐怖」に付きまとわれる者となりました。

 楽しいことをしていても突然「死の恐怖」に駆られるのです。何処へ逃げても恐怖は付きまとうのです。

 私は精神的に異常をきたすほどになっていました。

 私の母は私の異変に気付き、私をキリスト教の教会につれていきました。

キリスト教の教義にある「来世」の概念と時の経過私を「死の恐怖」から救ってくれたようです

 死の恐怖から逃れる方法いくつかあると思いますが、まず「死」ということを色々な側面から研究することが役に立つようです。

まず、学んでおくことは、自殺の概念が日本と西洋では全く違うということを学びましょう

 日本では切腹など自分の命を絶つことは、文化の一部として、敬意払われるところがありますが、西洋では、「自分で自分の命を絶つ」ことは、「他人を殺すこと」と同じに扱われます。

 
 ですからキリスト教の国自殺未遂すると、他の人を殺そうとする「殺人未遂」と同じ罪になり、警察に逮捕される国今でも存在します。

 理由は、自分の命も神が与えたものであり、自分のものではなく他の人のために神のために使う命だからです。

 そんなキリスト教の教義の中で、一つだけ例外「自分の命を犠牲にして良い場合」があります。

それは、「自分の命を犠牲にしなければ、他の人の命を救う方法が他にない場合のみ」、自分の命を投げ出すことが許されます。

 キリスト教の教義では、これは最も崇高な行為として扱われ、「殉教」と呼ばれます。

 テロリストたちもよく「殉教」という言葉を口にします。しかし、テロリストの「殉教」キリスト教の「殉教」とでは天地雲泥の差があることを、心に留めてください。

 即ちキリスト教では、「命を犠牲にして、他の人の命を救います。」

 しかし、テロリスト集団「命を投げ出して、他の人の命奪う」のです。

 天国と地獄の違いなのです。

 この様に「死」に対して思考を深め立ち向かうことは「死の恐怖」に打ち勝つため一つ対処方法でもあります。

 

 私の独断ですが、大人と子供の境目は、死に対して何らかの解決策を持って生活しているのが大人で、死を考えないように、無知で逃げの姿勢で暮らしているのが子供だと思うのです。

 

対処法

 私のように、「神様・来世」を信じて死の恐怖に打ち勝つのも一つの方法ですが神様がまだ苦手な方にご紹介したい人物が居ます。

徒然草の著者、吉田兼好です。

 彼は人間の命は、短いから美しいのである。だから、短い一生をどのように使うかが大切である。短い故に、一日、一日を精一杯生きることが大切である。」と言うのです

 ある哲学者が、「人間は毎日自分の可能性を失って行く動物である。」と言っています。

そして、「毎日可能性を失って、ある人生の分岐点で、残された可能性から自分の進む道を選択しなければならない。というのです。

 

 ならば毎日努力をし、将来可能性を少しでも多く残そうではありませんか。

若い人たちの可能性は100%です。何でも出来ますどんな職業にもつけるのです。

 

最も効果的な対処法

最後に最も効果的な方法ご紹介します。それは「恋をすることです。」

 年齢は関係ありません。愛する人が出来れば、自分の命を掛けてでも、愛する人を守ろう、サポートしよう」という勇気湧いてきます。

 

「愛は死よりも強し」です。だから、死の恐怖打ち勝つことができるのです。

クリスチャン自分を犠牲にしてまでも、友を救うという崇高なことできるのは、エスキリストという「恋人」居るからこそ死の恐怖に打ち勝つことが出来るのです。