完全な防災よりも、出来る限りの減災を ?

f:id:shalom417:20210216142455j:plain

         加 茂 川 の 水 鳥   京 都

 

 私は、夢・幻を見ました。私は学生に戻っていて、大学で有名な教授の講義を受けているのです。講義は、「地球環境学というタイトルです。300人程度の受講生の講義ですが、講義の内容があまりにも、ショッキングなので、誰一人雑談する者もなく、真剣に受講しております。

「今日は、南海トラフ地震についての話です。地震の歴史から紐解きを試みた結果、まず、名古屋沖、続いて、東海沖、最後に、南海沖という3連動南海トラフ地震が、向こう20年の間に起こる確率は、100パーセントです。つまり、2030年から2040年までに、確実に南海トラフ地震は起きると予測しなければならないということです。」

教授はさらに講義を続けます。「南海トラフ地震被害額は、建物の被害額だけでも、220兆円、この額は、日本の税収の3年分にあたります。すべての被害額を計算するならば、1400兆円以上の被害となります。

 地震のための防災必要ですが、現在、政府も地方自治体も地球温暖化のために起きる災害、特に洪水対策に追われ地震対策は後回し等閑にされているのが現状です。完全な防災を望むのであれば、政府・地方自治公助力必要ですが、それを望めない現在の情況では、私達国民は、自助力により、自分たちの被害を、出来る限り小さくする努力をするべきなのです。すなわち、「出来る限りの減災」を日頃から心掛けなければならないのです。」

 私は、この講義で語られた事を真剣に耳を傾け厳粛受け止めました。

  は続いて、場面「防災ショップの中」に変わりました。

 私は、もはや学生ではなく、現在の自分、即ち、65歳の3人の子供の父親であり、3人の孫を持つ老人に戻っておりました。

 防災ショップ内で、私は、講義で語られた、「自助力による、出来る限りの減災実行できる品物」を購入しております。

 まず、私が購入したものは、「2週間分の非常食」です。

 マグニチュード9以上地震が起きた場合、自衛隊救助隊が救援に来るには時間が掛かり、長い間到着しない可能性があるからです。

 次に購入したのは、2週間程、使用可能な「ポータブル発電機」「簡易トイレ」手回し発で使えるラジオ・懐中電灯、物の下敷きになっている人を救出するためシャベルの入った「工具セット」防寒のための「折り畳み式毛布」停電時のための「ランタン」その他万能ナイフ、マスクを含む救急用品筆記用具等は、にも、にも強い非常持ち出し用リュックサックに入れました。

 家に帰っても、「神から、災害の予言を受けた旧約聖書のノア」のように、災害のための防災準備余念がありません

 まず、自室の上の方には、たい物置かない工夫をいたしました。また、家具が倒れないように、「接続器具」を使って、壁・天井家具を接続いたしました。

 親しい大工さんに頼んで、自室のガラス製サッシに、ガラス内部散乱しないよう、透明フィルムってもらいました。

 本棚から散乱しないように、防災グッズを使って、工夫もいたしました。

 の場面は、私の自室に変わりました。時間は、明け方近くのようです。

 私はベッドに寝ています。とその時突然大きな縦揺れに続いて、数十秒間激しく横揺れが続きました。

 その、まず、私は自分の頭ろうとして、机等の下に入ろうとしましたが、あいにく、適切な家具ありません

 そこで、私は、手元にあった、大きめの分厚雑誌を、自分のえて保護いたしました。

 そのおかげで、手に軽傷負ったものの頭と顔無事でした。

 まず、非常用バックから、ラジオを取り出し、情報を入手いたします。

 ついに、南海トラフ地震現実となったようです。すでに、海岸近くの人々には、津波に備えて、高台避難をするように」警報が出ています。

 2時間後何度も押し寄せる余震怯えながらも、私は、空が明るくなったのをに、非常用バッグから丈夫そうな「底圧スリッパ」を出してき、バッグ背負い外に出てみることにしました。

 に出てみると、辺りは、「瓦礫の山」していましたが、不思議火災はほとんど起きていません。

 神戸大震災からの経験かされたのでしょう。地震発生同時に、多くの火の元栓められたのではないでしょうか。

 真冬で、冷たい風く、本当に寒い朝でした。私はたまらず、非常用バッグの中から、折り畳み式毛火を付けるライター・チャッカーを出しました。

 ラジオからの情報で、この付近のガス栓は、大元から遮断されていることを確認し、さらに、この付近にガス漏れは無いか臭いも確認してから、空き地真ん中に、瓦礫の中破損した木材利用して、焚火を炊くことにしました。

 毛布を肩から被りながら、焚火から暖を取り、しばし私は茫然自失の状態ました。

 ふとにかえると、まわりに、たくさんの人々求めて集まって来ていました。

 人々の顔には、はありませんが、私と同じく茫然自失の状態で、炎をただ見つめております。そこには、悲しみの深さがえました。

 その人々の中に、パジャマ姿の幼い男の子が、寒さ震えているのを見つけました。私は、その男の子に近づき、そっと、私の毛布男の子にかけてあげました。

 その幼い男の子は、私の孫同じくらいの年で、その幼い男の子姿は、私に「孫は大丈夫だろうか」という考えに、私をいてくれました。

 娘夫婦は、私の家の近くに住んでいましたので、とは、「もし、地震が起きたなら、避難場所指定されている小学校落ち合おうと、かねてから、約束していたのを思い出しました。

すぐに急いで、非常用リュックだけを背負い約束小学校向かいます

果たして、は、娘夫婦と一緒に小学校にいました。私達は、全て失いましたが、孫と娘夫婦が無事でいてくれたことを神様感謝しました。

 その時、一つの知らせが、小学校届きました。「まだ、崩壊した家屋下に生き埋めになっている人たちがいるけれど、救助隊の到着間に合いそうもないので、救助を手伝ってくれるボランティア募るとのことでした。

 私は、即座ボランティアに参加し、学校にあったシャベルを持って、生存者がいるかもしれない現場に、走って向かいました

 2時間ほど、救出作業に没頭している時でした。壊した家屋の下から微かな弱々しい赤ちゃんの泣き声聞こえるではありませんか。

 「おい、赤ちゃんだ赤ちゃんが生きているぞ」ボランティアの一人が叫んでいます。

 私の目はもう涙でいっぱいで、何も見えませんでしたが、必死シャベル使い掘り進みます

 障害となっている大きな柱砕いて行きます

 遂に、赤ちゃん救出されました。赤ちゃんは、偶然にも、瓦礫瓦礫隙間居て奇跡的生存していたのです。

 私達ボランティアは、抱き合って赤ちゃん無事救出喜び合いました

 地震発生後初めての夜を迎えています。救援物資はまだ、届いていないので、自宅に戻り備えていた水・食料持参し他の人たち分かち合います断水の中、簡易トイレ学校の然るべき位置備え共同使うことにしました。

 また、電気途絶えているのでポータブル発電機利用し、被災者全員の携帯電話充電使用しました。

 ランタンを使用することもできました。そのおかげで、書類を読むことや、作成することができました。

 筆記用具役にたちましたが、特に役立ったのが、油性のボールペンです。雨で濡れても、滲まず読むことができるからです。

 悪夢のような一日が終わろうとしています。

 多くの持ち物失いましたが、不思議私の心は、平静安らぎ、そして、微かな光差し込んでいるような感覚です。

 出来る限り減災お陰で、家族全員が無事だったこともありますが、何よりも私の心の中平和があるのは、「災害を受けた者たち同士が、分かち合い助け合い労り合うことできたこと」、それ大きな要因のようです。

 神戸大震災、東日本大震災に、人々が示してくれたのと、同じように、世界驚異感じる程の、日本人の素晴らしさ」を、私達も再び示すことできたからです。

 大災害が起きた世界の都市では、治安が悪くなり、人々が理性を失い、強盗・強姦など、野獣すのが常識です。

 しかし、日本では、秩序が保たれ、人々は、お互い助け合っているのです。

 西洋社会の人々は、この事に感嘆しているのです。

 全世界の人々は、驚嘆と称賛日本人えているのです。

 私は、自分が日本人であることを誇りに思い、日本人の素晴らしさに対する誇り感動で、涙が溢れて来ます。流れた冷たさで、私は夢・幻から目覚めました。

 さて、現在、コロナ禍で、政府も自治体もその対策で懸命です。

 また、地球温暖化による大雨などの天変地異にも、備えなければなりません。しかし、巨大地震も、将来必ず起こる大災難です

 政府・自治コロナ禍最優先予算等進めるのは、仕方がないにしても、地球温暖化による天変地異巨大地震災害は、優先順位つけずに、対策進めねばなりません

 現在、東日本大震災大きな余震も起き、地震の恐ろしさを、再認識した私達国民は、「自助力による減災対策める必要があります。

. それと共に、コロナ禍中にあっても、地球温暖化による災害と同じ様に、公助力による、出来る限り防災対策求める世論創り出す努力をしなければなりません。

 即ち、政府太平洋側の自治が、「緊急巨大地震対策本部」やか機能させ、防災めるよう、私達国民は、声たかだかに訴えていかねばなりません。

これが本日のメッセージです。