原子力発電には断固反対いたします。

f:id:shalom417:20220121092324j:plain

          冬  景 色    岡 山

 

 環境に良いグリーンエネルギーの一つとして、原子力エネルギー見直されようとしていますが再度原発には反対いたします。

 日本政府は、エネルギー政策について、「脱炭素エネルギーを目指して、2050年までに、温室効果ガス、0%を目指す。」と公言しています。

 確かに、地球温暖化に対して、2050年まで、「地球温暖化が生み出す、あらゆる弊害対処しなければならない」のは事実です。

 しかし、京都大学地殻変動額学」専門家は、この先30年間は、地球温暖化に進む可能性高いが、百年、二百年単位で地球れば、氷河期に向かって、ゆっくりと寒冷化に向かう可能性が高い。」公言しています。

 寒冷化に向かう大きな要因は、「火山活動」とのことです。火山が大爆発すると、空中に火山灰舞い上げ、それによって、太陽光線が地球上に届く量甚だしく減少するため作物が取れなくなるほど、寒冷化が進むのです。

 日本火山が多いです。そんな国で、炭素エネルギー0%にすることは、危険な選択肢ではないでしょうか。

 2050年まで、温室効果ガスを出す炭素エネルギーを「0」にする為、太陽、地熱、風力、水などの、他のグリーンエネルギーだけでは、現在の電力を賄うことができないのは事実です

 現在、日本政府では、それを口実に、原発正当化する」という、目論見が浮上しております。

 私は、原発」には断固反対です。日本国民は、原発事故に見舞われた「福島の悲劇」忘れてはいけないのです。

 私達は、この悲しみを歴史に刻み、歴史から学ぶという姿勢を、絶対に失ってはいけないのです。

 2011年福島の原子力発電所で、メルトダウンという事故が起きました。地上で「メルトダウンが起きた場合、「広島・長崎の原爆の約400倍」の放射脳発生します。放射能汚染は億年単位続きます。

 広島、長崎とは違って、放射能除去装置が発明されない限り「半永久的に事故現場周辺では、生活する事すら出来ない」のが現状です

 日本の様に、地震津波が起きやすい国で、どうして原発は安全だ」言い切れるのでしょうか

 さらに、原発は、平和憲法全方位外交のもと、どの国とも仲良くして行くという外交政策があったからこそ始めることが出来ました

 しかし、現在中国・韓国・ロシア・北朝鮮、それぞれに、「争いの原因」日本は持っています

 特に、土地所有が原因の争いは、バランス崩れたならば必ず戦争になる」というのは、歴史が証明しているところです。

 暴走するロシアの「南下政策」、習近平氏が指導する中国共産党の「清朝領土再興政策」は、差し迫った「日本の脅威」となっています。

 一旦争いが勃発すれば、テロ行為、ミサイル攻撃で、原子力発電所が、脅迫や攻撃目標にされるのは明白です。

 原発周辺「ホットポイント」してしまえば、300万人が避難しなければならなかった「福島の悲劇」繰り返すことになるでしょう

 もう二度と「原発事故」を起こしてはならないのです。原子力エネルギー頼ってはならないのです。

 放射能除去装置AIによる機器等の発明により、原発事故」に100%対応できる対策が、完全確立しない限りグリーンエネルギーとして、原子力エネルギーを選択するべきではないのです。

 最近、「事故を起こしても、対処し易い、小規模の原発」が話題になっていますが、向こう30年、即ち、2050年までの実用化は、ほとんど不可能な様です。

 仮に実用化できても原発採用当時からの基本問題であった、核のゴミ高レベル放射性廃棄物の処理問題」について、日本も他の先進国諸国も、解決策は未だ発見できずにいるのです。

 人類は、「高レベル放射性廃棄物処理法生み出す前に原子力発電」を選択してしまったのです。

 人類原子力エネルギー」を選択してしまったのはゲーテの戯曲に出て来るファウスト博士の選択」同じ選択をしてしまいました。

 即ち、「ファウスト博士は、永遠の若さを手に入れるために、悪魔、メフィストに魂を売り渡してしまいます。人類無限のエネルギーを手にいれるために、地球を永遠に汚染してしまう悪魔の誘惑に負けてしまったのです。」

 今回の日本の「脱炭素エネルギー政策」の陰に、ファウスト博士の亡霊のような、原発の誘惑に負けてしまった学者たち企業見え隠れしています。

 原発」を忖度するような政策には、私達国民は「NO」と言わねばなりません

 私は、日本政府のエネルギー政策の見直しを切望いたします。

 では、どのような政策が良いのでしょうか。私の意見は、「上記で述べましたように、日本は、火山の大爆発等により、温暖化が寒冷化に激変する可能性のある国です。  確かに2050年までの30年間は、地球温暖化による環境危機」備えるあらゆる努力必要です

 しかし、原子力エネルギーを使う事は、さら地球環境を悪化させることにしか繋がりません。

 しかも、百年、2百年単位で地球環境考えるなら「地球は、ゆっくりと、氷河期に向かい、寒冷化に進んで行きます。」

 さらに、日本では、2050年まででも、火山の大爆発により「日本は、寒冷化に変化してしまう可能性」さえあります。

 従って、温室効果ガスをゼロにするために、炭素エネルギーを「0」にするというのは、得策ではありません

 日本のエネルギー政策は、「水力・太陽光・風力・地熱等の安全エネルギー主軸に据え不足する電力は、発生した二酸化炭素を、外界に放出することなく再利用できる「炭素エネルギーの最新技術」を開発して行くのが、より良い選択です。

 たとえ、日本が、脱炭素をして、温室効果ガスを0%できたとしても、大国、「中国」・「アメリカ合衆国どちらかが、「温室効果ガス0%実施する」のを中止すれば、日本の努力は、地球に何の好効果も与えることも出来ずに、無駄になります

 特に、暴走する中国共産党が、温室効果ガス0%」よりも、自国の利益だけの為「炭素エネルギーを復活させる可能性は非常に高い」と思われます。

 その場合、開発途上国も中国に習い、火力発電を主力していくでしょう。中国は、温室効果ガスを依然出す低次元の技術をプラント輸出さえするかもしれません。

 日本は、「炭素エネルギーが復活する未来の世界状況」見据えて「発生する二酸化炭素を、外界に出すことなく再利用できる技術」に取り組んで行くべきなのです。

 少なくとも、日本の技術力なら、「中国より、環境により優しい技術開発を完成させる」ことは、絶対に可能なはずです。

 この技術を世界にプラント輸出するならば、日本の為にも、世界環境にとっても、最も素晴らしいエネルギー政策となります。

人類の為、決して、足りない電力を原子力エネルギーで賄ってはならないのです。

 政治家の皆様ファウスト博士の亡霊のような、「原発を推進したい」という誘惑に負けた学者たちや企業に耳を貸してはいけません

人類のために、日本の政治家の方々が、エネルギー問題について英断を下していただけることを切に望みます